認知症にアロマを活用させる

認知症対策の方法には色々あります。

認知症予防にもなるものと言えば、アロマが挙げられます。

アロマの中でも、ラベンダーやレモンの香りが効能あるようです。

頭を爽快にさせてくれるので痴呆症によく効くのです。

レモンの香りは、アロマでなくても、生のフルーツのレモンの香りでもすっきりします。

レモンは心も頭もすっきりとさせる効能があるのです。

レモンは、それ自体を食べるよりも、薬味として添える事の方が多いものです。

食用としてよりも、彩りや飾り、香り付けとして利用する事が多いものです。

レモンの香りは甘みというよりも、酸味の方が強いものです。

そのすっぱみが、頭を明瞭にしてくれるので、ボケ防止にもなるのです。

「レモングラス」というものはありますが、これもとても気分爽快になるものです。

ベトナムやタイでは、食用としてもこのハーブが用いられています。

ベトナムではフォーに添えられていますし、タイ料理ではビーフンに添えられている事もあります。