認知症の予防にアロマを使う

アロマを認知症に役立てよう

最近、アロマを活用する方が増えてきました。

アロマの楽しみ方には沢山ありますが、中でもアロマディフューザーご自宅用に購入し、自宅で香りを楽しむ方も多いです。

プレゼント用にも好まれます。

ディフューザーを購入すれば、部屋の中で簡単にいい香りを嗅ぐことができ、一日の疲れを癒したりする事もできます。

香りによる効果はとても大きいものです。

最近では、アロマが認知症にも効くという事実が一般の方の間でも知られるようになってきました。

その中でも、ローズマリーやレモンの香り、ラベンダーやオレンジスイートの香りが効果あるようです。

認知症の方にこれらが効くわけというのは、頭がすっきりしたり、集中力が高まるからです。

認知症やアルツハイマーの病気は、原因が不明とされています。

ボケが発展してしまったケースがこのような認知症につながってきますが、香りに効能で少しでも緩和できるといいですね。

色んな種類に香りがありますが、ボケに効果あるものは全てというわけではないので、焦点を絞って選ぶ必要があります。

アロマは認知症に効く

最近、アロマを購入したり、アロマについて学ぶ方が増えてきました。

アロマは健康や私達の心理にも働きかけるものです。

癒しにもなるので、ご自宅用に購入して楽しむ方も多いです。

しかし、このアロマ、認知症にも効くものがあるというのはご存知でしたでしょうか?認知性に効くものは、ローズマリーやレモンの香りが代表的です。

確かにすっきりっとした香りがします。

このローズマリーとレモンをミックスさせた香りが、認知症予防に効果があるのです。

アルツハイマー症やボケの原因は、明確にはされていません。

しかし、食品からもボケ防止につながるものはあるものです。

その代表例が、青魚です。

鯖や秋刀魚、鰯などの青魚は、ボケにとてもよく効くと言われています。

認知症予防にアロマ

これらの青魚は、ボケ防止の他にも、老化防止の作用もあります。

香りからもボケ防止ができ、食品からもボケ防止ができるのであれば、この二つを平行して日々の生活に取り入れ、ボケ防止に活用していきたいものですね。